Ikebana International Fair 2016


TFC

Greeting

mahendraAround the world, the vast majority of people associate the word “ikebana” with Japan, an art that reflects the admiration and respect for nature.

Peru has more than 28 thousand species of plants, which is equivalent to 10 % of the total amount of species in the world and 30 % of them are endemic, that is to say that they are found only in our country and it would be interesting to have a similar art to ikebana with our flowers.

Nature is very important for Peruvians, and for the same reason the flora is represented in the national emblem with “quina” tree from which “quinina” is extracted. Quinina is the medicine that saved humanity from the terrible disease “Malaria”, and it was one of the first contributions from Peru to the entire world. “Cantuta” is the sacred flower of the Incas for its extraordinary beauty. It is the national flower of Peru, and we chose it as a symbol of this event since the Incans are said to have always worked together for the common good.

I invite you to be inspired by the flower “Cantuta”. We unite and work together to help the victims who suffer the consequences of the earthquake in Kumamoto.

Cristina Escala
Wife of the Ambassador of Peru
I.I. Fair 2016 Chairperson

= = =

生け花は自然を称賛し尊敬する美術であり、世界の多くの方々が、「いけばな」という単語を聞いた時に日本を連想すると思います。
ペルーには2万8千種類以上の植物が存在しており、その数は世界全体の植物の10%にも匹敵し、その内の30%は固有種です。これらの植物はペルー国内のみで見ることができることから、わが国でもいけばなに似た美術ができたら面白いと思います。
ペルー人にとって自然はとても大切です。そのような理由から、ペルーの国旗には、キニーネが抽出されるキナの木が表現されています。キニーネは人類をマラリアから救った治療薬であり、ペルーから世界全体に向けてされた最初の貢献の一つであると言えます。カントゥータはその素晴らしい美しさからインカの神聖なる花と呼ばれてきました。カントゥータはペルーの国花でもあり、インカ人は公益のために常に協力しあったということから、このイベントの象徴として選ばせて頂きました。
このカントゥータにより皆様が鼓舞されることを願っております。熊本地震の影響で苦しむ被害者の方々への援助に向けて、共に団結し尽力しあっていけることを願っております。

2016年フェア委員長
クリスティーナ・エスカラ駐日ペルー大使夫人

PREVIOUS / NEXT